for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アリババ傘下のECラザダ、販売総額目標1000億ドル

12月17日、中国電子商取引(EC)大手アリババ・グループは傘下の東南アジアのネット通販大手ラザダについて、販売総額(GMV)目標を1000億ドルに設定した。写真はアリババのロゴ。北京で8月撮影(2021年 ロイター/Tingshu Wang)

[上海 17日 ロイター] - 中国電子商取引(EC)大手アリババ・グループは傘下の東南アジアのネット通販大手ラザダについて、販売総額(GMV)目標を1000億ドルに設定した。16日の投資家との会合で明らかにした。

アリババの説明によると、直近のデータでラザダのGMVは210億ドルだった。顧客数は現在のほぼ2倍に相当する3億人を目指すとしている。

シー傘下の東南アジアのネット通販最大手ショッピーは2020年のGMVが354億ドルだった。

ラザダはショッピーとメルカドリブレに次ぐ3位に付けている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up