Reuters logo
アリババ、パートナー集団は上場後に取締役2名の追加指名可能に
2014年7月14日 / 00:17 / 3年前

アリババ、パートナー集団は上場後に取締役2名の追加指名可能に

[サンフランシスコ 11日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループIPO-BABA.Nは11日、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)の修正目論見書を提出した。

それによると、アリババの創業者であるジャック・マー(馬雲)氏をはじめとする27人の「パートナー集団」は、上場後に取締会メンバーを2人追加指名できることが分かった。

パートナー集団は既に、9人の取締役のうち4人を上場前に指名する方針を示しており、上場後には取締会の定数が11人に拡大されるとともにこのうち6人を意中の人物にすることが可能となり、影響力が一段と強まる。

また修正目論見書では、アリババの企業価値の見積もりは1300億ドルと以前の1160億ドルから上方修正されたほか、2011年にオンライン決済事業アリペイをスピンオフ(分離・独立)した経緯が詳しく説明されている。

アリババは年内にニューヨーク市場でIPOを実施する予定で、ハイテク企業の米国におけるIPOとしては過去最大規模になる見通しだ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below