November 21, 2019 / 1:55 AM / 16 days ago

アリババとアラムコ、上場の引受手数料は低水準

[香港 21日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ(BABA.N)が香港での新規株式公開(IPO)で引受シンジケート団に支払う手数料は最大3230万ドルとなることが米証券取引委員会(SEC)に提出された文書で分かった。

 11月21日、中国の電子商取引大手アリババが香港での新規株式公開(IPO)で引受シンジケート団に支払う手数料は最大3230万ドルとなることが米証券取引委員会(SEC)に提出された文書で分かった。写真は杭州市にある本社。11月18日撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)のアドバイザーを務める金融機関25社が受け取る予定の手数料も最大で計9000万ドルと、過去の大型IPOに比べ低くなることが、事情に詳しい関係者3人の話で明らかになった。

過去の大型IPOのなかでは、中国の電子商取引大手アリババによる2014年のニューヨーク上場は3億ドル、米フェイスブックFB.Nの2012年のIPOでは推定1億7600万ドルが手数料として支払われた。

株式資本市場に関連する手数料収入は通常、世界の投資銀行の手数料収入の約4分の1を占めるが、今年の資金調達額は2012年以降で最低となっている。シェアオフィス事業を展開する米ウィーワークのIPOが延期されたことなどが背景。

リフィニティブのデータによると、今年の株式による資金調達額は世界全体で5747億ドルと、前年同期の水準を19.7%下回っている。この統計にはアリババの上場は含まれているが、公開価格がまだ決まっていないアラムコの上場は含まれていない。

アリババは投資銀行の中国国際金融(CICC)とクレディ・スイス(CSGN.S)を共同主幹事に選定。シティグループ(C.N)、JPモルガン(JPM.N)、モルガン・スタンレー(MS.N)を幹事会社に追加した。

SECに提出された補足の目論見書によると、アリババは香港IPOで5億株を発行するにあたり、2810万ドルの引受手数料を支払う予定。オーバーアロットメントで7500万株が追加で発行される場合には手数料は3230万ドルに増える。銀行関係者は本件でのオーバーアロットメントを見込んでいる。

SECへの提出文書には、手数料の配分は記載されていないが、業界の慣習では共同主幹事が手数料の大半を受け取り、残りは販売した株式数に応じて各社が受け取ることになる。

アリババの香港上場株は来週26日に取引が開始される。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below