September 10, 2018 / 12:20 AM / 14 days ago

中国アリババの馬会長、10日に後継者計画発表=報道

[北京 8日 ロイター] - 香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)の共同創業者、馬雲(ジャック・マー)会長が10日に後継者計画を発表すると報じた。ただ、当面は同氏が会長職にとどまるとした。

 9月8日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングの共同創業者、馬雲会長(写真)が10日に後継者計画を発表すると報じた。ブエノスアイレスで昨年12月撮影(2018年 ロイター/Marcos Brindicci)

SCMPがアリババの広報担当者の話として報じたところによると、馬氏は54歳の誕生日を迎える10日に計画を発表する予定で、長期にわたって権限を引き継ぐ方針という。

アリババはコメントを控えたが、馬会長の計画について質問すると、SCMPの記事に言及した。

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は7日、馬氏が10日に会長退任を発表し、教育分野の慈善活動に注力すると報じていた。

馬氏は1999年にアリババを創業。2013年に最高経営責任者(CEO)を退任した後は、国際的な政治・経済イベントに同社の代表として出席してきた。

後継者計画の発表はアリババにとって節目となるものの、アナリストや業界関係者は、同氏の関与が大きく変化する可能性は低いとみている。

エマージング・マーケッツ・インターネットの創業者、ケビン・カーター氏は「率直に言って、それほど大きな意味があるとは思わない。馬氏は4、5年前にCEO職から退いた際も、若者に会社を率いてほしいと具体的にコメントしていた」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below