July 13, 2020 / 10:46 AM / 24 days ago

アリババ創業者の馬氏、過去1年で保有株82億ドル相当を売却

 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングの共同創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が、過去1年間で同社への出資比率を6.2%から4.8%に引き下げていたことが明らかになった。写真は2019年5月、パリで撮影(2020年 ロイター/Charles Platiau)

[上海 13日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)の共同創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が、過去1年間で同社への出資比率を6.2%から4.8%に引き下げていたことが明らかになった。

売却した株式は時価82億ドル相当。10日公表された同社の年次申請書類で明らかになった。

馬氏は昨年9月に同社の会長を引退。慈善活動に力を注ぐ意向を示している。

馬氏の平均売却価格は未公表。アリババ株は馬氏が1年前に6.2%の保有を明らかにして以降、約40%値上がりしている。

アリババの蔡崇信(ジョセフ・ツァイ)副会長も、過去1年間で保有株式を2.2%から1.6%に減らした。10日時点の株価で算出すると、売却した株式は33億ドルに相当する。

馬氏と蔡氏は今年、新型コロナウイルス対策で各国の病院を支援するため、慈善団体を通じて大量の個人防護具を寄付している。

アリババでは現在、張勇(ダニエル・チャン)氏が馬氏の後継者として会長を務めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below