for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米グーグル、ナイロビにアフリカ初の製品開発センター開設へ

 4月20日、米グーグルは、ケニアの首都ナイロビにアフリカ初の製品開発センターを設置するための投資を行うと明らかにした。同社はアフリカでのインターネット利用増を受け、サービス提供体制を整えている。米ニューヨークで昨年11月撮影(2022年 ロイター/Andrew Kelly)

[ナイロビ 20日 ロイター] - 米アルファベット傘下のグーグルは、ケニアの首都ナイロビにアフリカ初の製品開発センターを設置するための投資を行うと明らかにした。同社はアフリカでのインターネット利用増を受け、サービス提供体制を整えている。

グーグルは、アフリカのインターネット利用者が2030年ごろまでに8億人に達し、若年層の利用者は世界全体の3分の1を占めることから、魅力的な投資先になると見通した。

同社幹部とアフリカ法人トップは19日の共同ブログで、エンジニア、プロジェクトマネジャー、研究者などをセンター向けに採用していくと説明した。

グーグル親会社アルファベットのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は昨年10月、今後5年間にアフリカでのさまざまな事業に10億ドルを投資し、各国のデジタル化推進を後押ししていくと表明した。

すでにガーナの首都アクラに人工知能(AI)センターを開設している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up