for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米グーグル、30年までに「カーボンフリー」電力に全面シフトへ

 9月14日、米アルファベット傘下のグーグルは、データセンターやオフィスの運営に使用する電力について、2030年までに二酸化炭素など温室効果ガスを排出しない「カーボンフリー」エネルギーに完全に切り替える方針だ。写真はカリフォルニア州アーバインで7月撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

[オークランド(米カリフォルニア州) 14日 ロイター] - 米アルファベットGOOGL.O傘下のグーグルは、データセンターやオフィスの運営に使用する電力について、2030年までに二酸化炭素など温室効果ガスを排出しない「カーボンフリー」エネルギーに完全に切り替える方針だ。ピチャイ最高経営責任者(CEO)がロイターに明らかにした。

ピチャイ氏はこの新たな目標について、二酸化炭素の排出量を排出削減への取り組みで相殺するというIT(情報技術)業界における基準を超えた行動をグーグルに求めるもので、達成するには技術的・政治的な打開が必要だと指摘。「この問題は非常に大きく、われわれの多くが主導して解決策を示す必要がある」と述べた。

米国西部で森林火災の広がりにより過去最大の面積が焼失し、気候変動に対する国民の意識は高まっているものの、グーグルは新たな目標などを通じて、この問題への関心を高めたいとCEOは語った。

風力や太陽光などの再生可能エネルギーは昨年、グーグルの世界での1時間当たりの電力使用の61%を占めた。場所によって差があり、風力発電を利用する米オクラホマ州のデータセンターではこの割合が96%だったのに対し、ガスに依存するシンガポールの拠点は3%にとどまった。

しかし、グーグルは太陽光エネルギーを夜間に蓄積するバッテリーや、新たな資源として注目される地熱エネルギー、電力需要の管理改善などによって、この差を埋められるとの楽観を強めている。

ピチャイ氏は「世界のデータセンターやキャンパスを完全にカーボンフリーにする計画は、ロジスティクス面で大きな課題」と指摘。そのため、どのように達成するかをモデル化したとし、「2030年までに達成できると確信している」と述べた。

目標達成にかかるコストについては言及しなかった。

グーグルは2007年以降、植樹などにより温室効果ガスの排出量を相殺し、実質ゼロとする「カーボンニュートラル」を達成している。

それ以前の1998年の創業から2006年までの排出量についても実質ゼロを達成したと明らかにした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up