November 11, 2015 / 7:23 AM / 5 years ago

グーグルのブラウザ履歴追跡、米控訴裁が連邦法違反との訴え却下 

 11月10日、米フィラデルフィアの控訴裁判所は、ウェブブラウザの閲覧履歴を追跡する「クッキー」をめぐり、グーグルがユーザーのクッキーブロック設定を迂回する方法で追跡を可能にしたことで、盗聴およびコンピューター不正行為に関する連邦法に違反したとする集団訴訟の訴えを却下した。パリで8月撮影(2015年 ロイター/Pascal Rossignol)

[10日 ロイター] - 米フィラデルフィアの控訴裁判所は10日、ウェブブラウザの閲覧履歴を追跡する「クッキー」をめぐり、グーグルがユーザーのクッキーブロック設定を迂回する方法で追跡を可能にしたことで、盗聴およびコンピューター不正行為に関する連邦法に違反したとする集団訴訟の訴えを却下した。

判事は、原告は閲覧履歴を追跡されたことにより「損害」あるいは「損失」を被った事実を示していないと指摘した。

一方で、グーグルがブラウザのクッキーブロック設定を尊重すると約束しながらこれを迂回していたことは「とんでもない」行為だとし、カリフォルニア州が規定するプライバシーの権利の侵害に当たる可能性があるとした。

この訴訟では、コンピューターの利用者4人が、グーグルがアップルの「サファリ」やマイクロソフトの「インターネット・エクスプローラー」といったブラウザのクッキーブロック機能を迂回し、広告主の潜在顧客へのリーチを支援したと主張していた。

原告の弁護士もグーグルもコメントを拒否している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below