April 29, 2019 / 9:10 PM / 3 months ago

アルファベット、第1四半期売上高は予想下回る 株価引け後下落

[29日 ロイター] - 米グーグルの持ち株会社アルファベットが29日発表した第1・四半期決算は、売上高が市場予想を下回った。

広告配信で競合するフェスブック(FB)、スナップ、アマゾン・ドット・コム、ツイッターの四半期売上高は好景気を追い風に軒並み予想を上回っており、対照的な結果となった。

決算を受け、アルファベットの株価は引け後の時間外取引で約4%下落した。通常取引では好業績への期待から約1.5%上昇し、終値で過去最高値を更新していた。

アルファベットの第1・四半期売上高は前年同期比17%増の363億ドル。過去3年で最も低い伸びにとどまり、リフィニティブのまとめたアナリスト予想の373億ドルを下回った。

グーグルの広告事業の収入が全体の売上高の約84.5%を占めた。同比率は前年同期の85.5%からは縮小した。

費用は前年同期比16.5%増の297億ドル。支出の大部分はオフィスやデータセンター、需要拡大が見込まれる人工知能(AI)技術などに向けられており、費用増は正当化されるとの見方を示している。

今四半期の費用には、欧州委員会が3月にインターネット広告事業で反競争的行為があったとして傘下グーグルに科した制裁金17億ドルも含まれる。

制裁金を含むベースでの純利益は67億ドル(1株当たり9.50ドル)。アナリスト予想は73億ドル(同10.48ドル)。制裁金を除くベースでは、純利益は83億ドル(同11.90ドル)で、1株利益は市場予想の10.61ドルを上回った。

制裁金を除く営業利益率は23%で、前年同期の22%から上昇した。

アルファベットの株価は年初来23%値上がり。ただ、FAANG銘柄では最も低い伸びとなっている。FBは48%、ネットフリックスは39%、アップルは30%、アマゾンは29%それぞれ上昇している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below