November 7, 2017 / 11:13 PM / 3 months ago

米ウェイモ、完全自動運転の配車サービス開始へ 公道実験進む

[サンフランシスコ 7日 ロイター] - 米アルファベット(GOOGL.O)傘下の自動運転開発会社ウェイモのクラフチック最高経営責任者(CEO)は7日、ドライバーが乗らない完全自動運転車を使った配車サービスを立ち上げる計画を明らかにした。

アリゾナ州で公道実験を行ってきたとしている。

自動運転車の実証実験は、トラブルに備えてドライバーが同乗して行うのが慣例で、完全自動運転車の公道実験は米国内では初めて。

 11月7日、米アルファベット傘下の自動運転開発会社ウェイモのクラフチック最高経営責任者(CEO)は、ドライバーが乗らない完全自動運転車を使った配車サービスを立ち上げる計画を明らかにした。写真はデトロイトで1月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

ウェイモは、アリゾナ州フェニックスの一部地域で今後数カ月間にフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCHA.MI)のミニバン「パシフィカ」を使った配車サービスの試験運用を開始し、一般市民を乗せる計画だ。

試験運用はまず、後部座席にウェイモ従業員が同乗して行うが、いずれは乗客のみで走行させる。乗客はボタンを押して車を停止させることはできる。

    また、サービスは当初、無料で提供するが、いずれは有料化を目指す。

    *カテゴリーを追加します。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below