June 6, 2019 / 12:58 AM / 3 months ago

ユーチューブ、ホロコースト否定動画など削除

 6月5日、米アルファベット傘下グーグルの動画投稿サイト「ユーチューブ」は、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)など実際に起きた惨事を否定する動画を削除する方針を発表した。写真は瞳に写るユーチューブのロゴ。2014年6月に撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)

[サンフランシスコ 5日 ロイター] - 米アルファベット(GOOGL.O)傘下グーグルの動画投稿サイト「ユーチューブ」は5日、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)など実際に起きた惨事を否定する動画を削除する方針を発表した。

また、規則違反すれすれの投稿を繰り返す動画制作者に対する広告収入の支払いを停止すると明らかにした。

削除の対象となるのは銃乱射事件など「十分な裏付けのある暴力的な事件」の発生を否定する動画。ナチスのイデオロギーを称賛したり、差別を正当化するために優越性を主張する集団を支持したりする動画も削除するとした。

同社広報担当者はさらに、ヘイトスピーチ(憎悪表現)に関するユーチューブの規則に照らして違反すれすれの投稿を繰り返す動画制作者については、違反と判断されない場合でも広告収入共有プログラムから除外すると説明した。

新たな方針は即日適用される。

ユーチューブは長年にわたり、歴史や人種など議論の的となる問題について多様な意見表明を認めるルールを維持してきた。

ただ、規制当局や広告主、ユーザーからは、陰謀や憎悪が短時間で広がり急進的な見方の拡大につながりかねないネット上では表現の自由を制限すべきとの意見が出ていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below