Reuters logo
最低賃金1000円、2020年代半ばに実現したい=甘利経済再生相
2015年11月24日 / 12:30 / 2年後

最低賃金1000円、2020年代半ばに実現したい=甘利経済再生相

[東京 24日 ロイター] - 甘利明経済再生担当相は24日の経済財政諮問会議後の記者会見で、最低賃金を2020年代半ばには全国加重平均で1000円に引き上げたいと述べた。

 11月24日、甘利明経済再生相は経済財政諮問会議後の記者会見で、最低賃金を2020年代半ばには全国加重平均で1000円に引き上げたいと述べた。写真は10月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

甘利経済再生相によると、諮問会議では安倍晋三首相が、最低賃金を年率3%程度を目途とし、名目国内総生産(GDP)成長率にも配慮して引き上げていくことが必要と指摘。全国加重平均で1000円を目指すと述べた。

菅義偉官房長官は名目GDP600兆円を2020年ごろ実現するため、最低賃金のさらに思い切った引き上げが必要で、法人税を2016年度に20%台まで引き下げるようさまざまな方策を検討すべき、と述べたという。

麻生太郎財務相は、16年度の社会保障関係費について、概算要求額の6700億円増から5000億円増程度に抑えていかないとならない、と指摘した。

竹本能文

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below