April 4, 2019 / 10:42 PM / 3 months ago

米アマゾン、3000基超の衛星打ち上げ計画 ブロードバンド提供へ

 4月4日、米アマゾン・ドット・コムは、3000基以上の衛星のネットワークを構築し、高速インターネットサービスを提供する計画を進めていることを明らかにした。写真は同社のロゴマーク。ニューヨークで2月撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[4日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)は4日、3000基以上の衛星のネットワークを構築し、高速インターネットサービスを提供する計画を進めていることを明らかにした。

発表によると、「プロジェクト・クイパー」と名付けられた計画の下、低軌道衛星の「コンステレーション」を打ち上げ、ブロードバンド・インターネットへの基本的なアクセスがない世界中の人々に低遅延の高速ブロードバンドを提供するとしている。

アマゾンはプロジェクトの詳細を3月に国連の国際電気通信連合(ITU)に提出していた。

同社の衛星プロジェクトはイーロン・マスク氏率いるスペースXやエアバスが出資するワンウェブなどと競合する。ワンウェブは2月に初めて6基の衛星を打ち上げた。

スペースXやレオサット、カナダのテレサットは、通常の通信衛星より地球に近い軌道を周回する数百もしくは数千基の小型衛星を使ったデータネットワークの構築に取り組んでいる。

アマゾン創業者兼最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏が率いる宇宙ベンチャー、ブルー・オリジンは今年、衛星コンステレーションの一部打ち上げについてテレサットと合意を結んでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below