June 5, 2019 / 9:58 PM / 14 days ago

米アマゾン、ハイテク大手に対する当局の監視を歓迎 幹部が表明

 6月5日、米アマゾン・ドット・コムのコンシューマービジネス部門を統括するジェフ・ウィルク氏は、米国の反トラスト当局が同社に関する情報を収集しているとの報道や同社の解体を求める一部の批判に対し、歓迎する姿勢を示した。(2019年 ロイター/Pascal Rossignol)

[ラスベガス 5日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)のコンシューマービジネス部門を統括するジェフ・ウィルク氏は5日、米国の反トラスト当局が同社に関する情報を収集しているとの報道や同社の解体を求める一部の批判に対し、歓迎する姿勢を示した。ラスベガスでの記者会見で「経済における大きな事業体は監視に値する。われわれの仕事はそうした監視にパスするような会社を作ることだ」と述べた。

ニュースサイト「Vox」は4日、アマゾンのフルフィルメントサービスの価格設定や同社のウェブサイトを通じて商品を販売するサードパーティー販売業者との競争などについて、米連邦取引委員会(FTC)がアマゾンのライバル会社に聞き取り調査をしていると報じた。

関係筋が3日、ロイターに明らかにしたところによると、米政府は大規模な市場支配力を有するアマゾンやアップル(AAPL.O)、フェイスブック(FB.O)、アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルへの調査準備を進めている。[nL4N23B07G]

ウィルク氏の発言は監視に対する他の幹部のアプローチと一致している。アマゾンの創業者で最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏も同様のコメントを出しており、アップルのティム・クックCEOは最近のCBSニュースのインタビューで、大企業は監視に値すると述べている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below