for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米アマゾン、連邦レベルの大麻合法化支持 採用時の審査も廃止

 6月1日 米アマゾン・ドット・コムは大麻合法化に向け連邦議会に提出された法案への支持を表明し、採用時の大麻使用に関する審査を廃止すると明らかにした。写真は2020年11月、ニューヨーク州スタテンアイランドで撮影(2021年 ロイター/Brendan McDermid)

[1日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムは1日、大麻合法化に向け連邦議会に提出された法案への支持を表明し、採用時の大麻使用に関する審査を廃止すると明らかにした。

全米の多くの州では州法で大麻を合法化する動きが広がっている。ただ、連邦レベルで大麻の使用はまだ合法化されていない。

アマゾンのコンシューマー部門トップ、デイブ・クラーク氏はブログへの投稿で、連邦レベルでの大麻合法化に向けた法案「The Marijuana Opportunity Reinvestment and Expungement Act of 2021」を支持すると表明した。

さらに、運輸省の規制対象とならない職種について、求職者の大麻使用の審査を行わないと明らかにした。

「これまで多くの雇用者同様、大麻使用テストで陽性反応が出た場合、アマゾン従業員として不適格としてきたが、全米の州法の動きを考慮して方針を転換した」と説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up