November 29, 2018 / 4:57 AM / 17 days ago

米アマゾン、機械学習向けチップ発表 クラウド事業で活用

 11月28日、アマゾン・ドット・コムは、独自の機械学習向けチップを発表した。半導体大手のインテルやエヌビディアが今後の収入源として期待する分野に参入する。写真はアマゾンのロゴ。8月にフランスで撮影(2018年 ロイター/PASCAL ROSSIGNOL)

[28日 ロイター] - アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)は28日、独自の機械学習向けチップを発表した。半導体大手のインテル(INTC.O)やエヌビディア(NVDA.O)が今後の収入源として期待する分野に参入する。

アマゾンが主要な買い手となっているインテル製やエヌビディア製チップはアマゾンのクラウド事業の成長に貢献しているが、一方でアマゾンは独自のチップ開発にも取り組んできた。

アマゾンのチップは販売用ではないため、インテルやエヌビディアの直接の競合にはならない。ただ、アマゾンは自社チップをベースにしたサービスを来年からクラウド事業の顧客に販売する予定で、インテルやエヌビディアは主要顧客を失う可能性がある。

機械学習向けチップ市場は現在、インテルが優位に立っている。エヌビディアも9月には対抗商品を発表した。モーニングスターのアナリストは同市場が2021年までに118億ドル規模に達すると予測している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below