for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アマゾン、ユニバーサル新作映画を時差配信へ コムキャストと契約

 米アマゾン・ドット・コムは動画配信サービス「プライム・ビデオ」で、米コムキャスト傘下ユニバーサル・ピクチャーズの新作映画を、コムキャストの動画サービス「ピーコック」配信開始から4カ月後に配信する契約を結んだ。両社が8日発表した。3月撮影(2021年 ロイター/DANISH SIDDIQUI)

[ロサンゼルス 8日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムは動画配信サービス「プライム・ビデオ」で、米コムキャスト傘下ユニバーサル・ピクチャーズの新作映画を、コムキャストの動画サービス「ピーコック」配信開始から4カ月後に配信する契約を結んだ。両社が8日、発表した。

複数年の契約で、2022年に劇場で公開予定の「ジュラシック・ワールド:ドミニオン」が含まれる。契約額は公表されていない。

ユニバーサルは従来の映画配信の流れを見直している。通常、映画館で封切された新作映画は少なくとも6カ月の間隔を空けてテレビ放映かオンライン配信が始まり、独占放映・配信期間には1年半の縛りが付く。

今回の契約では、ユニバーサルは通常より早く劇場用映画のオンライン配信を可能にし、配信権の1年半の縛りもなくす。具体的には、新作映画の劇場公開から4カ月後にピーコックで配信が始まり、その4カ月後からプライム・ビデオで10カ月間にわたり公開。その後、ピーコックでさらに4カ月間配信される。

ユニバーサルの新作アニメ映画は今回の契約対象ではないが、アマゾンはこれより長い時差での配信権を持つ。

アマゾンはこれとは別に、20─21年公開のユニバーサル作品を広告支援型無料ストリーミングサービス「IMDb TV」で配信する権利を獲得した。人気映画シリーズ「ワイルド・スピード」の新作などを配信する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up