September 5, 2018 / 3:40 AM / 3 months ago

米アマゾン、モバイルサイトとアプリをヒンディー語化

 9月4日、米アマゾン・ドット・コムは、モバイル向けウェブサイトとアンドロイド搭載スマートフォン用アプリをヒンディー語化したと発表した。写真は同社のロゴ。バンガロールの同社オフィスで4月撮影(2018年 ロイター/Abhishek N. Chinnappa)

[ニューデリー 4日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)は4日、モバイル向けウェブサイトとアンドロイド搭載スマートフォン用アプリをヒンディー語化したと発表した。急成長するインドの電子商取引市場でシェア拡大を目指す。

米ウォルマート(WMT.N)傘下のフリップカート、スナップディール、ペイティーエム・モールなどインドの他の電子商取引大手はまだウェブサイトやアプリをヒンディー語化していない。

アマゾン・インディアの幹部は記者会見で「ヒンディー語版は国内の顧客をさらに1億人増やす取り組みの重要な一歩だ」と述べた。

アマゾン・インディアのアミット・アガルワル社長は4月、ロイターのインタビューで、インドでさらに1億人の顧客獲得を目指すと述べた。

モルガン・スタンレーによると、インドの電子商取引市場は10年間で2000億ドルに拡大する見込み。フォレスターの推計によると、アマゾンはインドのオンライン小売り市場でフリップカートやミントラ、ジャボングなどにやや遅れを取っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below