April 28, 2016 / 7:27 AM / 4 years ago

米地裁「アマゾンに責任」、アプリ使った子供の無断購入で

 4月27日、米アマゾン・ドット・コムのアプリを利用し子供が無断で行った買い物の代金が親に請求された問題をめぐる訴訟で、ワシントン州連邦地裁はアマゾンが責任を負うべきとする判決を下した。アマゾンの配達用段ボール。マンハッタンで1月撮影(2016年 ロイター/Mike Segar)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)の機器のアプリケーションを利用し子供が無断で行った買い物の代金が親に請求された問題をめぐる訴訟で、ワシントン州連邦地方裁判所のジョン・コフナー判事は26日、アマゾンが責任を負うべきとする判決を下した。

米連邦取引委員会(FTC)は2014年、この問題でアマゾンを相手取り、該当する顧客に全額払い戻すよう求めて訴訟を起こした。FTCは、「ペット・ショップ・ストーリー」などのアプリを子供が使う中で行われる買い物に関して、アマゾンが親に対する適切な情報開示を怠ったと主張していた。

FTCは同様の問題で2年前、アップル(AAPL.O)とグーグル(GOOGL.O)の両社とそれぞれ和解している。

コフナー判事は26日、この問題の責任に関して略式判決を求めるFTCの申し出を認めた。

判事は「合意のメカニズムを経ずにアマゾンの顧客へ請求された何百万ドルもの金額、許可していない代金の請求をめぐって不服を申し出ている何千人もの顧客、これらの代金の払い戻しを求めるために費やされた時間はすべて、重大な被害があったことを明示している」と説明した。

被害救済の具体的方策についてはまだ決定を下していない。

判事は、アマゾンを向こう20年間にわたって監視下に置くよう求めていたFTCの要請は退けた。FTCがこの問題で調査を開始して以来、アマゾンはアプリ内の購入方法について修正したという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below