for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独労組、アマゾン従業員にスト呼び掛け プライムデーに合わせ

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツの労組・ベルディは21日、米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムのドイツの7カ所の物流センターの従業員に対し、アマゾンの有料会員向けセール「プライムデー」に合わせてストに突入するよう呼び掛けた。

ベルディは以前から賃上げと労働条件の改善を求めており、今回は3日間のストを組織するとしている。

ベルディの代表は「通販センターの従業員は、殺到する注文への対応を迫られるが、追加の激務に対し1セントの追加賃金も受け取れない」と表明した。

アマゾンにとって、ドイツは米国に次ぐ第2の市場。ベルディは2013年以降、ストを組織している。

アマゾンの広報担当は、同社が素晴らしい給与と手当てを支給していると表明。過去のストの呼び掛けに対して、物流センターの従業員の90%以上は、通常通りの業務を行ったと指摘した。

同社は今月、ドイツの物流センターの従業員が就職直後に得る時給を7月から12ユーロ(14.25ドル)とすることを保証すると表明。2022年秋以降は、少なくとも12.50ユーロに引き上げる方針を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up