for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米AMD、2022年の堅調な売上高見通し示す 株価上昇

[1日 ロイター] - 米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)は1日、2022年の売上高が約215億ドルになりそうだと発表した。アナリスト予想以上に堅調な数字を示したことから、株価は時間外取引で約11%上昇した。

同社の見通し発表を受けてエヌビディアやクアルコムの株価も上昇した。

リフィニティブがまとめたAMDの2022年売上高予想は192億7000万ドル。

併せて発表した第4・四半期決算も高価格帯半導体の販売が好調で、サプライチェーン(供給網)制約問題の影響を軽減、売上高が市場予想を上回った。

第4・四半期の売上高(調整後)は48億3000万ドル。市場予想は45億3000万ドルだった。

純利益は9億7400万ドルで、前年同期の17億8000万ドルから減少した。一時項目を除いた1株当たり利益は0.92ドルで、予想の0.76ドルを上回った。

リサ・スー最高経営責任者(CEO)は声明で「各部門の事業は非常に好調だった。データセンター部門の売上高は前年比で倍増した」と述べ、「ポートフォリオを強化し、次世代のパソコン、ゲーム、データセンター向け製品の発表を控え、2022年も大きな成長が見込める」と語った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up