December 19, 2016 / 11:03 PM / in 3 years

アイカーン氏、貨車リース会社を三井住友グループに売却

 12月19日、米著名投資家カール・アイカーン氏(写真)が率いるアイカーン・エンタープライズは、完全子会社の貨車リース会社を、三井住友フィナンシャルグループ企業に売却すると発表した。2014年2月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[19日 ロイター] - 米著名投資家カール・アイカーン氏が率いるアイカーン・エンタープライズ(IEP.O)は19日、完全子会社の貨車リース会社アメリカン・レイルカー・リーシングを、三井住友フィナンシャルグループ(FG)(8316.T)傘下のSMBCレール・サービシズに売却すると発表した。

売却は企業価値を27億8000万ドルと評価した水準で実施され、鉄道車両およそ2万9000両が含まれる。

SMBCレールは、さらに4800両の鉄道車両を5億8600万ドルで追加購入するオプションも有する。オプションはアメリカン・レイルカー売却手続きの完了が見込まれる2017年半ばから3年間有効となる。

オプションが行使された場合、売却額は33億6000万ドルに上る。

三井住友FG傘下の三井住友銀行は米シカゴが本拠地の貨車リース会社フラッグシップ・レール・サービシズを2013年に買収し、名前をSMBCレールに変更していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below