for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブラジルの対米鉄鋼輸出交渉、トランプ氏発言で中断=業界団体

12月5日、マルコポーロ・メロ・ロペス会長は5日、将来の対米鉄鋼輸出を巡る交渉がトランプ米大統領の今週のツイートによって中断していると明らかにした。写写真は北大西洋条約機構(NATO)首脳会談に出席したトランプ氏。12月4日、英ワトフォードで撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

[サンパウロ 5日 ロイター] - ブラジル鉄鋼協会(IABr)のマルコポーロ・メロ・ロペス会長は5日、将来の対米鉄鋼輸出を巡る交渉がトランプ米大統領の今週のツイートによって中断していると明らかにした。

トランプ大統領は2日、ツイッターに「ブラジルとアルゼンチンは大規模な通貨切り下げを実施してきた。これは米国の農業部門に良くない。このため、両国から米国に輸出される鉄鋼とアルミニウムに直ちに関税を課す」と投稿した。[nL4N28C36Z]

メロ・ロペス会長はこのツイートによって手続きに影響が出ていると指摘。「長期契約は履行されているものの、そのほかの顧客との交渉は中断された」とした上で、「米政府は何も正式決定していないが、顧客は価格が25%の関税引き上げの影響を受けるのかどうかを知りたがっている」と語った。

IABrが米商務省のデータを基に明らかにしたところによると、米国が昨年輸入した鉄鋼(3057万トン)のうち、ブラジルは13%を占めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up