for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANA、GW期間の国内線は87%運航 前年の15%から持ち直し

ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は25日、ゴールデンウィーク(GW)期間中の国内線について、当初の運航計画の87%に当たる4793便を運航すると発表した。写真は、東京・羽田空港に駐機するANAの機材。2020年10月27日に撮影。(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 25日 ロイター] - ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は25日、ゴールデンウィーク(GW)期間中の国内線について、当初の運航計画の87%に当たる4793便を運航すると発表した。需要の高い沖縄路線を中心に37便の臨時便も運航する。 ANA広報担当者によると、国内の需要喚起事業「GoToトラベル」の開始などにより、今後運航便を増やす可能性もあるという。 昨年のGW期間中の運航率は、当初の計画に対して15%にとどまっていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up