for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANA、客室乗務員5000人の一時帰休を労組に提案 減便の影響で

 3月19日、ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は、全社員の3割に当たる5000人の客室乗務員を対象に1人当たり数日程度、一時帰休させることを労働組合側に提案したと明らかにした。写真は2019年3月、フランスのトゥールーズ近郊のエアバス関連施設で撮影(2020年 ロイター/Regis Duvignau)

[東京 19日 ロイター] - ANAホールディングス9202.T傘下の全日本空輸(ANA)は19日、全社員の3割に当たる5000人の客室乗務員を対象に1人当たり数日程度、一時帰休させることを労働組合側に提案したと明らかにした。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国際線の6割の減便を決めており、一時的に大幅な人員余剰が出ているためという。早ければ4月から開始したい考え。

白木真紀 編集:田中志保

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up