for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ANA、フィリピン航空と資本提携 9.5%出資で取締役も派遣

 1月29日、ANAホールディングスはフィリピン航空の親会社PALホールディングスと資本提携すると発表した。成田空港で2013年1月撮影(2019年 ロイター/SHOHEI MIYANO)

[東京 29日 ロイター] - ANAホールディングス9202.Tは29日、フィリピン航空の親会社PALホールディングスPAL.PSと資本提携すると発表した。PALの株式9.5%を9500万ドル(約105億円)で取得する。両社はすでに業務提携しており、出資によって関係の強化を図り、旺盛な日本とフィリピン間の航空需要を取り込む狙い。

ANAとフィリピン航空は2014年からコードシェア(共同運航)やマイレージでの提携などで連携している。今回の資本提携によって、ANAはPALへ取締役を派遣し、コードシェアや空港業務の相互受委託の拡大を中心とした協業体制を一段と強化したい考え。

白木真紀

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up