March 28, 2018 / 8:46 AM / 5 months ago

ANAが双日とビジネスジェット手配事業参入、ホンダとも提携

[東京 28日 ロイター] - ANAホールディングス(HD)(9202.T)は28日、双日(2768.T)と新会社を設立し、ビジネスジェットの手配事業に参入すると発表した。ホンダ(7267.T)の子会社とも提携し、「ホンダジェット」を手配可能な小型機とする。欧米などで効率的に移動したい、全日本空輸(ANA)を利用するビジネス客需要を取り込む。

ANAHDが51%、双日が49%出資して「ANAビジネスジェット」を今夏に設立し、事業を開始。双日の持つビジネスジェット事業の知見とANAの法人営業基盤を活用する。ANAの国際線からの乗り継ぎ便や日本から海外目的地への直行便の手配、現地の宿泊先予約など、帰国まで一貫して手配できるサービスを提供する。

顧客対象は経営層、富裕層などで、搭乗人数は数人から20人未満まで。距離、人数、予算に応じて大型・中型・小型と最適な機材を用意する。3―5年後をめどに売上高10億円を目指す。

ANAHDの片野坂真哉社長は同日会見し、ビジネスジェットの利点として、移動時間の大幅短縮に加え、「機内でミーティングができる」など時間を有効活用できる点を強調。双日の藤本昌義社長は「ぜいたく品」などというビジネスジェットの従来のイメージを「ビジネスを成功させる効率的な移動手段」に置き換えていきたいと述べた。

ANAHDはホンダジェットを生産するホンダエアクラフトカンパニーとの提携も発表。手配可能な小型機(4―6席)としてホンダジェットを活用するほか、ANAはサービスを利用した顧客でホンダジェットの購入希望者をホンダに紹介する。

これまで海外のビジネスジェットを利用していた顧客の取り込みを目指すほか、ビジネスジェットの活用がまだ少ない日本市場の需要を喚起し、プロモーションも共同展開する。片野坂社長は「経済性に優れたホンダジェットと組むことで、新たな価値を提供できる」と語った。

乗り継ぎ便手配サービスは、18年度上期に米ロサンゼルスとシカゴを拠点に始め、同年度下期に欧州へエリアを拡大、19年度にはホノルルでも立ち上げる。今後の拡大で、各拠点のチャーター会社がホンダジェットを保有していない場合は新規に購入することになる。

現在ホンダジェットの販売は北米、中国、インドなど海外のみ。ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長は、日本での具体的な展開は未定だが、「かなり可能性のある市場。ホンダへの信頼感があり、真剣に販売を検討している」と話した。

日本航空(9201.T)も欧州で仏航空機メーカー、ダッソー・アビエーション(AVMD.PA)子会社ダッソー・ファルコン・サービスとビジネスジェット乗り継ぎサービスを昨年から始めており、ANAも攻勢をかける。

白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below