July 15, 2018 / 12:08 AM / 3 months ago

テニス=ケルバーがウィンブルドン初優勝、決勝でセリーナ下す

[ロンドン 14日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで女子シングルス決勝を行い、第11シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)が第25シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6─3、6─3で下し、同大会初優勝を果たした。

 7月14日、テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権の女子シングルス決勝、第11シードのアンゲリク・ケルバー(左)が第25シードのセリーナ・ウィリアムズ(右)を6─3、6─3で下し、同大会初優勝を果たした(2018年 ロイター/Toby Melville)

ウィンブルドン女子シングルスでドイツ選手が優勝したのは、1996年のシュテフィ・グラフ以来。

36歳のセリーナは産後10カ月ながら、ウィンブルドン通算10回目の決勝に進出。同大会8回目の優勝を果たすかに思われたが、決勝ではミスが目立った。

通算3回目の四大大会優勝を果たしたケルバーは「夢がかなった」とした上で、ツアー復帰後4大会目で見事な快進撃を見せたセリーナをたたえた。

そのセリーナは「今日は世界中の母親のためにプレーした。全力を尽くしたけど、アンゲリクがとてもいいプレーをした」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below