April 27, 2020 / 1:41 PM / a month ago

アングル:日銀の国債買入枠撤廃、「限界」見透かす市場 円高圧力も

[東京 27日 ロイター] - 日銀は27日の金融政策決定会合で国債購入の上限を撤廃した。黒田東彦総裁は会見で財政ファイナンスを否定したものの、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の停滞を受け、経済対策の財源としての国債に増発圧力が高まる中、日銀として国債購入を強化し長期金利の上昇を抑制する意思を鮮明にした格好だ。しかし、日銀をはるかに上回るペースで米連邦準備理事会(FRB)はバランスシートを拡大している。BSの拡大ペースに焦点が当たることで円高圧力が再び強まるリスクが浮上している。

日銀は27日の金融政策決定会合で国債購入の上限を撤廃した。黒田東彦総裁は、経済対策の財源としての国債に増発圧力が高まる中、日銀として国債購入を強化し長期金利の上昇を抑制する意思を鮮明にした格好だ。1月撮影(2020年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

<市場の評価は財政ファイナンス>

上限を設けず必要な金額の長期国債の買い入れを行う――。日銀は27日の決定会合後に公表した声明でこう記し、これまで掲げてきた年80兆円の購入めどを削除した。

声明には、国債の積極的な買い入れの説明として、債券市場における流動性の低下に加えて「政府の緊急経済対策により国債発行が増加することの影響」を明記。黒田総裁は会見で「財政ファイナンスではない」と強調したが、市場からは「日銀は財政ファイナンスに踏み込んだ」(アナリスト)との声が上がった。

麻生太郎財務相は24日の会見で、経済の下支えに向け「日銀と財務省が緊密に連携を取った上でやっていかなければならない」と指摘。普段なら「政府・日銀」とするところを「日銀と財務省」と話した麻生氏に、日銀は声明で応えた格好になった。

<高まる財政圧力>

政府は27日、一律10万円の給付を盛り込んだ補正予算案を国会に提出した。政府・与党は早期の成立を目指しているが、補正の組み替えで「落とされた」形となった、収入が大幅に落ち込んだ世帯への30万円給付や地方公共団体向けの臨時交付金増額など2次補正に関する議論がすでに出ている。さらに、事業活動への打撃で今年度の税収が予想に届かず、落ち込むことは確実な情勢で、税収減をカバーするための補正予算も避けられないとみられている。

アライアンス・バーンスタインの債券運用調査部長、駱正彦氏は「国債が増発される度に日銀は国債買い入れを徐々に増やすとみており、実質的な財政ファイナンスだろう」と指摘する。

80兆円の長期国債購入目標はこれまで、市場のみならず日銀内でも有名無実化しているとの見方が出ていた。足元の国債購入ペースは年間ベースに引き直して14―15兆円程度で、目標から大きくかけ離れている。ただ、新型コロナ危機の前は、目標を外すことで市場でテーパリング思惑が出かねないとの警戒感が日銀内にはあった。

新型コロナの感染拡大で状況は一変した。黒田総裁は27日の会見で「イールドカーブ全体を低位に安定させることが最も重要だ」と述べ、これまでの会見で繰り返してきた超長期金利の過度の低下へのけん制は封印した。

<市場が見透かす日銀の「限界」>

市場に財政ファイナンスと受け止められてでも、積極的な国債購入を打ち出した日銀。しかし、市場関係者は早くもその限界を指摘する。

国債については、金融機関には担保としての国債保有需要も根強く、「無制限に買うと言っても、市場にモノがあまりないので、政府が国債増発をしない限り日銀はあまり買えない」(エコノミスト)との声が聞かれる。

アライアンス・バーンスタインの駱氏は、国債の無制限購入と言っても増発分を増やすにすぎず、これまでの上限である年80兆円を上回る80―100兆円規模の買い入れをするとは想定していないという。

市場参加者は日米のバランスシートの拡大ペースを意識し始めている。今回のコロナ対策で、FRBがバランスシートを前年比6割強のペースで急拡大させているのに対して、日銀のBSの拡大は9%程度にとどまる。

仮に100兆円分の国債を単純に昨年9月末時点の資産に追加しても前年比では18%程度の増加にとどまる。

黒田総裁は会見で「日銀は大規模な金融緩和を継続している。加えて、感染症拡大を踏まえ、さまざまな手段により数十兆円の規模で資金供給を拡大している」と指摘。BSの名目GDPの比率やCP・社債の市場規模との比率などと比べても「日銀の金融緩和措置の規模は各国の中央銀行よりも大きい」と述べた。

ただ、日銀内ではクレジットリスクを日銀が負うことには消極的な声が目立ち、米政府がリスクを負う形でジャンク債の購入に踏み切ったFRBとは一線を画す。

リーマンショック後、白川方明総裁(当時)の下でBS拡大のペースの違いに焦点を当てる市場と日銀の取り組みの違いに苦悶した日銀。BSの拡大ペースに再び脚光が当たった時、米国との違いで再び円高圧力が強まるリスクが外為市場では指摘され始めた。

取材協力:坂口茉莉子 編集:石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below