September 8, 2016 / 4:04 AM / 4 years ago

幼年期の抗生物質使用でアレルギー発症リスクが上昇=調査

[ロンドン 6日 ロイター] - ロンドンで開かれる欧州呼吸器学会の年次総会で6日、2歳までに抗生物質の投与を受けた人は、後年アレルギーを発症する確率がより高いとの調査結果が発表される。

調査は、1966─2015年に行われた22の臨床研究結果を分析したもので、約40万人が対象となった。

幼年期の抗生物質使用とアレルギーの関係を示唆する調査はこれまでにもあったが、一貫した結果が得られなかった。今回の調査により、湿疹や花粉症との関係が明確に示された。

調査を主導したユトレヒト大学のFariba Ahmadizar氏は、抗生物質が腸内細菌に影響して免疫系の機能を妨げ、免疫反応に悪影響をもたらした可能性が高いと分析した。

調査で、幼年期に抗生物質を使用した人のアレルギー発症リスクは、湿疹で15%─41%、花粉症では14%─56%高くなることが分かった。

抗生物質については、過剰使用に伴う耐性の発生を懸念する声がすでに上がっており、今回の調査はそうした見方をあらためて裏付けたとの指摘もある。ただ専門家らは、抗生物質は依然、細菌感染対策に不可欠な存在で多数の命を救っているとし、医師は使用の恩恵とリスクのバランスを取る必要があると述べている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below