Reuters logo
オーストラリアなどでアンザックデー式典、数千人が参列
2017年4月26日 / 02:56 / 7ヶ月後

オーストラリアなどでアンザックデー式典、数千人が参列

[シドニー25日 ロイター] - オーストラリアとニュージーランド、タイで25日、第1次大戦中の1915年4月25日にオーストラリア・ニュージーランド連合軍団(ANZAC)の兵士数千人がトルコのガリポリ半島に上陸したのを記念した「アンザックデー」の行事が行われ、数千人が追悼式典に参列した。

 4月25日、オーストラリアとニュージーランド、タイで25日、第1次大戦中の1915年4月25日にオーストラリア・ニュージーランド連合軍団(ANZAC)の兵士数千人がトルコのガリポリ半島に上陸したのを記念した「アンザックデー」の行事が行われ、数千人が追悼式典に参列した。写真はガリポリでの式典のようす(2017年 ロイター/Osman Orsal)

ガリポリの戦闘は、オーストラリアとニュージーランドが初めて自国の旗を掲げて戦った戦闘で、これらの国が英国の影響を脱却し、一国として立ったことを国民が認識するきっかけとなった。この作戦により、トルコ人を中心に13万人以上が死亡した。

ガリポリでも夜明けに式典が行われたが、オーストラリア政府が今月、式典中の攻撃を示唆する情報を入手したと明らかにしたことから、厳戒態勢下で行われた。

このほか、第二次大戦中の1942─43年に「死の鉄道」と呼ばれたタイ・ミャンマー間の泰緬(たいめん)鉄道建設に伴う追悼も行われた。 

*写真のキャプションを差し替えて再送しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below