for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アポロ11号で月の砂など採取の袋、7月に競売へ

1969年に月面着陸したアポロ11号に搭載され、月の物質を初めて地球に輸送した四角形の白い袋が7月、サザビーズで競売にかけられる。最大400万ドル(約4.4億円)の価格が付く可能性があるとみられている.。提供写真(2017年 ロイター/Courtesy Sotheby's)

[19日 ロイター] - 1969年に月面着陸したアポロ11号に搭載され、月の物質を初めて地球に輸送した四角形の白い袋が7月、サザビーズで競売にかけられる。最大400万ドル(約4.4億円)の価格が付く可能性があるとみられている。

「LUNAR SAMPLE RETURN」(月のサンプルリターン)とのラベルが付けられた袋は、初の月面歩行を果たしたニール・アームストロング飛行士が使用したもの。月面で「静かの海」と呼ばれる領域の岩石や砂(ムーンダスト)を採取する際に使用した。

競売は、月面着陸48周年に合わせ、7月20日に実施。米航空宇宙局(NASA)の担当者は19日の電話インタビューで、このミッション関連物品の合法的な売却は今回が初めてと述べた。

月面ミッション関連の物品販売は法律で規制されているが、一部は闇市場に出回っているとみられている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up