June 3, 2018 / 10:53 PM / 4 months ago

アップルがAR共有体験の新ツールを今週公表=関係者

[サンフランシスコ 1日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)は6月第2週に、2人のiPhone(アイフォーン)利用者が拡張現実(AR)を共有できる新ツールを公表する。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

 6月1日、米アップルは6月第2週に、2人のiPhone(アイフォーン)利用者が拡張現実(AR)を共有できる新ツールを公表する。写真はロゴ、東京都内で2014年6月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

アップルとアルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルは、新たなAR共有体験ツールをいち早く提供するため、互いにソフトウエア開発者の獲得にしのぎを削っている。ただ開発者によると、関連アプリ普及とともにさまざまな個人情報が常に他の人々の目にさらされることで、プライバシー保護をどうするかという問題が浮上してきた。

こうした中で関係者の1人は、アップルがプライバシーに配慮して2人の利用者に限って共有体験が可能なARツールを設計したと説明した。

グーグルが既に提供しているAR共有化ツール「Cloud Anchors」は、複数のデバイスからアクセスできるクラウド内のデータポイントを共有する仕組みで、アップルの新ツールはこの手法と異なっている。

アップルはコメントをしていない。ブルームバーグは先に、アップルがマルチプレーヤー型ARツールを4日に始まる開発者会議で発表すると伝えていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below