February 19, 2015 / 5:58 AM / 4 years ago

UPDATE 1-米A123システムズ、電池技術者引き抜きでアップルを訴え

(内容を追加しました)

[サンフランシスコ 18日 ロイター] - 電気自動車向け電池メーカーの米A123システムズはアップル に対し、大規模なバッテリー部門立ち上げのため上位技術者らを引き抜いたとして訴訟を起こした。マサチューセッツ州の連邦裁判所に提出した書類で判明した。

書類によると、アップルは2014年6月ごろにA123システムズの中核事業を統括する技術者らに対し積極的な引き抜きを始めた。技術者らはアップルに移籍後、雇用契約に違反して同様のプロジェクトを継続しているという。

アップルに関しては前週、テスラ・モーターズ などから技術者を採用し、独自の電気自動車の開発方法を習得しようとしているとの報道が出ていた。

A123システムズは書類で「アップルは現在、当社と非常に類似した分野で競争するためのバッテリー部門を展開しようとしている」と主張。「組織的に当社の技術者を引き抜き、当社のあらゆるプロジェクトを、事実上つぶそうとしている」と述べた。

両社からのコメントは得られていない。

同社の申し立てによると、アップルは韓国のLGケム 、同サムスンSDI 、パナソニック 、東芝 、米ジョンソン・コントロールズ からも技術者の獲得を目指しているという。

A123システムズはリチウムイオン電池メーカーのパイオニアで、米エネルギー省から2億4900万ドル規模の助成金割り当てを受けていたが、12年に経営破綻。資産売却を進めている。同社は自動車など向けの大型電池の開発に特化している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below