July 22, 2020 / 12:04 AM / 15 days ago

アップル、2030年までにCO2排出ゼロへ 製造過程でも削減

 7月21日、米アップルは製品やサプライチェーンなど同社のビジネス全体で2030年までに二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにすると発表した。写真は2019年10月、ニューヨーク市で撮影(2020年 ロイター/Mike Segar)

[21日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)は21日、製品やサプライチェーンなど同社のビジネス全体で2030年までに二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにすると発表した。

同社の各国にあるオフィスやデータセンターでは既にCO2排出量削減の取り組みが進められているが、今後サプライヤーでもそうした取り組みを強化し、製品製造過程でのCO2排出量を減らす方針。

再生可能エネルギーへの移行などを進め、CO2排出量を75%削減する。残りの25%は植林や動植物の生息環境保護などの取り組みで補完する。

アップルによると、CO2の74%が製品製造過程で排出されている。製品製造過程での排出を減らすため、サプライヤーのエネルギー効率化プロジェクトを支援するため、1億ドル規模の基金を設立する計画。

アップルはこれまでサプライヤーと協力し、リサイクル資材の再利用でCO2排出量の削減を進めており、同社のスマートフォン「iPhone」の1つの部品では、既にリサイクルのレアアースが使われている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below