April 24, 2020 / 5:15 AM / 4 months ago

iPhoneのメールの脆弱性、被害の形跡ない=アップル

 4月23日、米アップルは、iPhoneとiPadのメールソフトの脆弱性でユーザーが被害を受けた「形跡は全く」見つかっていないと表明、この脆弱性が「ユーザーに直ちにリスクを及ぼすことはない」との見解を示した。写真はアップルのロゴ。スイスのバーゼルで3月撮影(2020年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[23日 ロイター] - 米アップルは23日、iPhoneとiPadのメールソフトの脆弱性でユーザーが被害を受けた「形跡は全く」見つかっていないと表明、この脆弱性が「ユーザーに直ちにリスクを及ぼすことはない」との見解を示した。

サンフランシスコを拠点とするモバイルセキュリティー会社ZecOpsは22日、メールソフトの脆弱性により、5億人以上のiPhoneユーザーがハッキングのリスクにさらされている可能性があると指摘した。

ZecOpsのアブラハム最高経営責任者(CEO)がロイターに明らかにしたところによると、この脆弱性を利用したハッキングが少なくとも6件はあった形跡がある。ハッカーは2018年1月からこの脆弱性を悪用していたが、ハッカーの身元は分からないという。

ロイターは同CEOの発言の信ぴょう性を確認できていない。

アップルは22日、iPhoneとiPadのメールソフトに脆弱性があることを認めた上で、現在対策を講じており、近くアップデートを配布すると表明している。 

同社は23日、「研究者の報告を徹底的に調査したが、提供された情報に基づき、この問題がユーザーに直ちにリスクを及ぼすことはないとの結論を下した」と表明。

「研究者はメールソフトの3つの問題を指摘したが、これだけではiPhoneとiPadのセキュリティー保護を迂回することはできない。顧客に損害を与えるために悪用された形跡も全く見つからなかった」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below