May 27, 2018 / 11:10 PM / 3 months ago

アップル、米政府のデータ提供要請件数が昨年下期に急増

[25日 ロイター] - アップル(AAPL.O)は25日公表した「透明性リポート」で、安全保障上の理由で米国政府から受けたデータ提供要請件数が昨年下半期に1万6249件に上り、8249人のアカウントが影響を受けたことを明らかにした。件数は上半期比で20%増加し、2016年下期と比べると2.5倍強に膨らんだ。

5月25日、アップルは公表した「透明性リポート」で、安全保障上の理由で米国政府から受けたデータ提供要請件数が昨年下半期に1万6249件に上り、8249人のアカウントが影響を受けたことを明らかにした。写真はニューヨーク市で2015年7月撮影(2018年 ロイター/Mike Segar)

16年下期から昨年上期にかけては、アルファベット(AAPL.O)傘下のグーグルとフェイスブック(FB.O)が受けた同様の要請件数は約5万1000件と2万7000件で、それぞれ36%とおよそ100%の増加を記録した。

アップルは今後、アプリ取り下げに関する各国政府の要望も報告していく方針を明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below