Reuters logo
アングル:モバイル通信業界は板挟み アップルのロック解除拒否
2016年2月29日 / 04:31 / 2年前

アングル:モバイル通信業界は板挟み アップルのロック解除拒否

[バルセロナ 26日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)が「iPhone(アイフォーン)」のロック機能解除に抵抗している問題は、急速に普及するデータの暗号化にどう対応するかという難題をモバイル通信業界に突き付けている。

 2月26日、米アップルが「iPhone」のロック機能解除に抵抗している問題は、急速に普及するデータの暗号化にどう対応するかという難題をモバイル通信業界に突き付けている。写真は仏ボルドーで撮影(2016年 ロイター/Regis Duvignau)

22日からの週に開かれた通信業界の国際会議に出席するためバルセロナに集まった通信大手トップは、顧客や規制当局、政治家からの期待や要望の間でバランスを取ろうとする姿勢を示し、通信業界が板挟みとなっている様子が浮き彫りになった。

アップルは言論の自由を盾に取って当局からのロック機能解除の要求を突っぱねているが、通信大手のトップの一部はこうした対応から距離を置いた。

英携帯電話サービス大手ボーダフォン(VOD.L)のコラオ最高経営責任者(CEO)は「非常に難しい。当社としては明確な見解は持っていない」と述べた。その上で、ボーダフォンは25カ国以上で業務を展開しており、その国ごとのセキュリティー関連の法規を尊重する必要があるとした。

ただ「当社はプライバシーや顧客保護を最も重視しており、私はアップルが同じような懸念を抱いているのだと理解している」とも話した。

一方でアップルにまったく同調しないトップもいる。仏オレンジのリシャールCEOは記者団に対して「アップルの対応を理解するかどうかと問われれば、はっきり言って同意するとは言い難い」とした。

リシャール氏は、顧客のプライバシーに対するアップルの方針は高く評価するが、セキュリティー面での必要性も同時に考慮し、「悪意のある人々を捕えるために最大限の手段を提供すべきだ」と主張。通信業者は政府から盗聴などについて合法的な要求を受けた場合にはこれを受け入れることが多いとした。

通信各社にとって問題を難しくしているのはデータ暗号化の普及だ。NEC(6701.T)の試算によると、既に通信データの63%が完全に暗号化されているという。

データが暗号化されて内容が読めなくなれば、通信業者は顧客のあらゆる通信利用状況を補足してマーケティングや新製品開発に生かす「ビッグデータ」が駆使できなくなる。

また暗号化が普及すると、通信各社は利用のピーク時にもサービスの質を確保するため、通信容量にもっと多くの余裕を持たせる必要が生じる。

米AT&Tの最高戦略責任者のジョン・ドノバン氏はインタビューで「暗号化はデータベースの運用システムに影響を与える」と話した。

(Eric Auchard記者)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below