February 13, 2019 / 11:50 PM / 5 months ago

米アップルの元筆頭顧問弁護士を起訴、インサイダーの罪で

 2月13日、米司法省は、インサイダー取引をしたとして、アップルの元筆頭顧問弁護士を証券詐欺の罪で起訴したと発表した。写真はアップルのロゴ。カリフォルニア州で2016年9月撮影(2019年 ロイター/Lucy Nicholson)

[13日 ロイター] - 米司法省は13日、インサイダー取引をしたとして、アップル(AAPL.O)の元筆頭顧問弁護士を証券詐欺の罪で起訴したと発表した。

起訴されたのはジーン・レボフ被告(45)。自らの地位を利用し、2011─16年にアップルの業績報告のコピーを発表前に入手し、違法な取引で60万4000ドルの利益を得た。アップルは同被告を昨年9月に解雇している。

有罪が確定すれば、最長20年の服役と500万ドルの罰金が科せられる。同被告は20日ニュージャージー州ニューアークの裁判所に出廷する見通し。

米証券取引委員会(SEC)はこれに関連して同被告に対する民事訴訟も提起した。

米国の大手企業の有力顧問弁護士が犯罪に関与したとみられる事態は極めて異例だ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below