Reuters logo
アップルのスマートスピーカー、来年初旬に発売延期
November 17, 2017 / 9:33 PM / a month ago

アップルのスマートスピーカー、来年初旬に発売延期

[サンフランシスコ 17日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)は17日、音声アシスタント「Siri(シリ)」を搭載したスマートスピーカー「ホームポッド」の発売を来年初旬に延期すると発表した。

 11月17日、アップルはスマートスピーカー「ホームポッド」の発売を、来年初旬に延期すると発表した。写真は試作品を撮影する報道関係者ら。カリフォルニア州で6月撮影(2017年 ロイター/Stephen Lam)

アップルは今年6月ホームポッドを発表し、12月に米、英、オーストラリアで出荷を開始する予定となっていた。

ホームポッドはユーザーにおすすめの音楽を提案したり、室内の温度調整などを行う機能を備えており、アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)の音声アシスタント「アレクサ」を搭載するスマートスピーカー「エコー」に対抗する商品として注目されている。

    アップルはこれまでに年末商戦を含む第1・四半期(10-12月)売上高は840億ー870億ドルとの見通しを示している。

    テクアナリシス・リサーチ創業者のボブ・オドネル氏は同見通しについて、売上高の大半は価格999ドルの「iPhone(アイフォーン)X(テン)」が占める見通しであることから、価格349ドルのホームポッド投入の遅れによって売上高が見通し未達成に終わる公算は小さいとの認識を示す。

    同時に、アマゾンのエコーやアルファベット(GOOGL.O)の人工知能(AI)アシスタント「グーグル・アシスタント」からの競争にさらされる中、投入の遅れによる間接的なマイナスの影響は避けられないと指摘。「スマートスピーカーは昨年の年末商戦でかなりの人気を博し、今年も売れ筋となる見通しだ。(ホームポッド発売の遅れによって)顧客の一角は予定していたものとは異なる商品の購入に動くだろう。スマートスピーカー市場での競争は厳しさを増している」と語った。

    *内容や写真を追加して再送します。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below