February 14, 2019 / 12:20 AM / in 6 months

米アップル、18年第4四半期の英スマホ出荷台数が減少=調査会社

 2月13日、米調査会社ストラテジー・アナリティクスのリポートによると、米アップルの英国でのスマートフォン出荷台数が2018年第4・四半期に減少した。英スマホ市場全体の販売が低迷していると分析している。写真はロンドンのアップルストアで販売されるiPhone。2017年11月撮影(2019年 ロイター/Peter Nicholls)

[13日 ロイター] - 米調査会社ストラテジー・アナリティクスのリポートによると、米アップル(AAPL.O)の英国でのスマートフォン出荷台数が2018年第4・四半期に減少した。英スマホ市場全体の販売が低迷していると分析している。

ストラテジー・アナリティクスの幹部、ニール・モーストン氏は「アップルは300万台を出荷した。英スマホ市場におけるアップルの支配力は引き続き強固で、iPhoneのシェアは最大の競合相手である韓国サムスン電子(005930.KS)の2倍以上となっている」と指摘した。

同市場でのサムスンのシェアは19%でアップルに次いで第2位となっているが、6年前に比べると半分以下に低下している。中国の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]との厳しい競争に直面しているからだ。

ファーウェイのシェアは昨年中に8%から12%に拡大した。

ストラテジー・アナリティクスの上級アナリスト、ラジーブ・ナイア氏は、英市場の販売低迷は「買い替え周期の長期化、あっと言わせるデザインの欠如、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感を背景とする買い控えが原因」とした。

調査会社IDCが11日公表したリポートによると、中国のiPhone販売は第4・四半期に前年同期比20%減となった一方、ファーウェイの販売は23%急増した。

アップルの株価は13日の取引を0.4%安で終えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below