for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

iPhone上位機種出荷、予想比2000万台減の可能性=TF証券

TF証券のアナリストは29日、米アップルの「iPhone14 Pro」と「Pro Max」の出荷台数の10─12月期の出荷台数が市場予想を最大2000万台下回る可能性があると指摘した。(2022年 ロイター/Andrew Kelly)

[29日 ロイター] - TF証券のアナリストは29日、米アップルの「iPhone14 Pro」と「Pro Max」の出荷台数の10─12月期の出荷台数が市場予想を最大2000万台下回る可能性があると指摘した。

同アナリストによると、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の中国工場で発生した労働争議により、iPhoneの出荷台数は市場コンセンサスの8000万─8500万台に対し約2割減の7000万─7500万台となる見通し。

消費者側も景気減速の影響を受けているため、供給不足は売り上げを先延ばしするのではなく、より人気が高い上位機種の需要を消し去る可能性があるとした。

複数のアナリストが、この問題が2023年まで続く可能性を示唆している。投資顧問会社ROBOグローバルのリサーチアナリストは「23年がiPhoneにとって堅調な年になるとは思えない」と述べた。

一方、他のアナリストは、生産の制約が緩和されれば売り上げは回復すると予想。CFRAリサーチのアナリストは28日、「Proシリーズは1月上旬に完売するとみているが、1─3月期内には逃した収益の一部が徐々に戻ると予想している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up