Reuters logo
米アップル、アイフォーンのリサイクル用ロボットシステムを公表
2016年3月22日 / 04:56 / 2年後

米アップル、アイフォーンのリサイクル用ロボットシステムを公表

[21日 ロイター] - アップルは21日、スマートフォンの「iPhone(アイフォーン)」の部品のリサイクルを目的としたロボットシステム「Liam(リアム)」を公表し、廃棄されたアイフォーンを分解して銀やタングステンなど再利用可能な貴金属を回収すると発表した。

 3月21日、アップルは、iPhone部品のリサイクルを目的としたロボットシステム「Liam(リアム)」で、銀やタングステンなど再利用可能な貴金属を回収すると発表した。カリフォルニア州アップル本社で撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

アップル製品は光沢のある継ぎ目のないデザインで知られるが、部品が緊密に結合して組み立てられているために分解や改造、再利用は困難だという批判に対応するための手立ての1つ。

リアムは開発に3年近くを要しており、当初はアイフォーン6のリサイクルに重点的に取り組む。アップルはシステムの改良によって異なる端末にも対応し、さらに多くの資源を回収できるよう計画している。

アップルによると、システムは先月フル稼働を開始した。アイフォーン1台を当たり11秒で分解し、部品に使われるアルミや銅、スズ、タングステン、コバルト、金、銀を回収することができる。

連続して作業をした場合でも、リアムが処理できる数は年間数百万台の見込みで、アップルが2015年に販売した2億3100万台のうちのほんの一部でしかない。

環境保護団体グリーンピースは、製品をごみ処分場に送らないようにする努力の一例として、アップルの取り組みを歓迎しているが、リアムが実際のアイフォーンのリサイクル量にどの程度の影響を及ぼすかについては懐疑的だ。

グリーンピースのシニアITアナリスト、ゲーリー・クック氏は「ロボットにとって容易なのであれば、それは素晴らしいことだ。しかし、このうちの大部分を行うであろう人間にとってそれを容易にすることこそが、解決策の一部になる」と話している。

グリーンピースはアップルに対し、リサイクル金属を使った製品を従来より多く製造し、端末の分解を容易にするよう求めている。クック最高経営責任者(CEO)は、部品供給会社に対して再生エネルギーによる操業を要請するなど、アップルは一部の環境問題に関して業界のリーダーだという立場を示している。

<2台目は欧州に配備>

リアムは29のモジュール型ロボットで構成し、カリフォルニア州クパチーノのアップル本社近くの一カ所に置かれている。当初はアップルの売り上げの約4割を占める米国で販売されたアイフォーン6が対象となる。

2カ所目のリアムは欧州に設置する。

アップルの環境、政策、社会的イニシアティブ担当のリサ・ジャクソン副社長は、リアムがメーカーと消費者双方によるハイテク業界のリサイクル拡大の推進に寄与するとみている。

ジャクソン氏は「電子機器における循環型経済の考え方を実現するためには、さらに多くの研究開発(R&D)が必要だ」との認識を示した。

ジャクソン氏は2009─13年まで米環境保護局(EPA)長官。

一部の環境保護団体は、アップルが環境に優しい製品の製造を増やしていないことを批判してきた。例えば超薄型パソコンのマックブック・エアは、半導体素子やハードドライブ、バッテリー、プロセッサは簡単に改良できない。部品の結合にはオーダーメードのねじや接着剤を使用する。

他社のコンピューターはモジュール式が多く、簡単に分解できる傾向がある。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below