April 18, 2019 / 5:39 AM / a month ago

アップルを年金基金が提訴、iPhone販売の情報開示で

 4月16日、米アップルが中国などでのiPhoneの販売低迷に関する情報を適切な時期に開示しなかったのは証券詐欺に当たるとして、ミシガン州の年金基金が、カリフォルニア州の連邦裁判所に訴訟を起こした。写真はアップルのロゴ。ボルドーで3月に撮影(2019年 ロイター/REGIS DUVIGNAU)

[17日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)が中国などでのiPhoneの販売低迷に関する情報を適切な時期に開示しなかったのは証券詐欺に当たるとして、ミシガン州の年金基金が16日、カリフォルニア州の連邦裁判所に訴訟を起こした。

集団訴訟としての認定を求めている。

アップルは1月2日、米中貿易戦争などを理由に売上高の見通しを突然下方修正。翌日のアップル株は10%急落した。

同社は昨年11月1日、iPhoneの販売台数の公表中止を決定。訴状によると、同社のクック最高経営責任者(CEO)は、この日の電話会議で、ブラジルとインドの販売が低迷していることに触れたが「中国はその例には入らない」とコメントしたという。

原告は、販売台数の公表中止が一因となって、適切な時期にiPhoneの販売低迷に関する情報が開示されなかったと主張。下方修正の2カ月前にアップル株を購入した投資家に損害を賠償すべきだと訴えている。

アップルのコメントはとれていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below