December 18, 2018 / 5:21 AM / a year ago

アップル、iPhone巡る中国裁判所命令に依然違反=クアルコム

 12月17日、米半導体大手クアルコムは、中国の裁判所が米アップルのスマートフォン「iPhone」の一部機種の販売を差し止める仮処分を出したことを巡り、アップルはソフトウエアのアップデートを行ったものの、依然として裁判所の差し止め命令に違反しているとの見解を示した。写真はiPhoneX。北京で10月に撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

[17日 ロイター] - 米半導体大手クアルコム(QCOM.O)は、中国の裁判所が米アップル(AAPL.O)のスマートフォン「iPhone」の一部機種の販売を差し止める仮処分を出したことを巡り、アップルはソフトウエアのアップデートを行ったものの、依然として裁判所の差し止め命令に違反しているとの見解を示した。

クアルコムは10日、特許侵害を巡るアップルとの訴訟に関連し、中国の裁判所がiPhoneの旧機種の販売を差し止める仮処分を出したと発表。一方アップルは同日、iPhoneは引き続き中国で販売されていると発表した。

アップルは14日、裁判所の命令を順守していると考えているとした上で、「裁判所命令の順守に関して、浮上する可能性のある懸念に対応するため」にソフトのアップデートを実施すると説明した。

クアルコムの法務顧問、ドン・ローゼンバーグ氏は17日にロイターに送付した声明で「アップルは裁判所命令の重要性を軽視しようとしており、特許侵害に対応する様々な方法を示すものの、命令に違反することで法制度を明らかに無視し続けている」と指摘した。「裁判所の仮処分を受けたアップルの説明は、意図的に内容を曖昧にさせ誤った方向に導びこうとする試みだ」と批判した。

クアルコムは、アップルがiPhoneの販売を続けているが、中国の裁判所は販売を認める判断を明確に示していないとして、アップルが引き続き裁判所命令に違反していると考えている。

アップルは先週、中国でのiPhone販売が裁判所命令に順守していると考える理由について公式に説明しなかった

CNBCを含む複数のメディアは、アップルは、裁判所命令がより古いバージョンの基本ソフト(OS)「iOS」を搭載したiPhoneにのみ適用されると考えていたと報道。しかし、クアルコムがロイターに提供した裁判所命令のコピーにはOSへの言及はなく、ソフト機能に焦点を当てた内容となっている。

ローゼンバーグ氏はロイターに14日に送付した文書で、アップルは直ちに命令で指摘された機器の販売などをやめ、裁判所の判断に従っていることを証明する法的義務を負うと主張した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below