November 1, 2018 / 9:09 PM / 19 days ago

アップル、10─12月売上高に慎重な見通し 新興国の弱含みなど踏まえ

[1日 ロイター] - 米アップルは1日、年末商戦を含む第1・四半期(10─12月)の売上高が890億─930億ドルになるとの見通しを示した。

市場予想は930億ドル。

クック最高経営責任者(CEO)は慎重な見通しについて、新興国市場の弱含みや為替相場の影響、新製品の生産が需要に対応できるかを巡る不透明性を反映したと説明した。

アップルの株価は引け後の時間外取引で4.3%下落した。

合わせて発表した第4・四半期(7─9月)決算はアナリスト予想を上回る。売上高は629億ドルで予想の615億ドルを、1株利益は2.91ドルで予想の2.79ドルをともに上回った。

クックCEOはロイターとのインタビューで、為替相場の影響は売上高を20億ドル下押しする見通しとした。

また、「iPhone(アイフォーン)」や「Apple Watch(アップルウオッチ)」、「iPad(アイパッド)」などの新製品の生産が需要に追いつくかは不透明であることも明らかにした。

国名は明確にしなかったものの、「新興国市場の一角でマクロ経済が軟調となっていることを確認している」と語った。同時に、中国での動向には満足しているとした。第4・四半期の中国での売上高は前年同期比16%増の114億ドルと、5四半期連続で2桁台の伸びを記録した。

第4・四半期のiPhone販売台数は4690万台で、ファクトセットのまとめたアナリスト予想の4750万台を下回った。ただ、販売価格は793ドルで、予想の750.78ドルを上回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below