for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップル「iOS9」のアップデート問題、不満層増加はリスクに

 9月18日、米アップルのモバイル基本ソフト「iOS9」のアップデート時に不具合が生じた問題で、専門家からは製品に不満を持つ層の増加がリスクになるとの懸念が出ている。写真はiOS9にアップデートしたiPhoneを持つ男性。バンコクで撮影(2015年 ロイター/CHAIWAT SUBPRASOM)

[サンフランシスコ/シドニー 18日 ロイター] - 米アップル AAPL.O が16日にリリースしたモバイル向け基本ソフト(OS)「iOS9」のアップデート時に不具合が生じた問題で、専門家からは製品に不満を持つ層の増加は同社にとってリスクになるとの懸念が出ている。

サイバーシャック(シドニー)の技術専門家、チャーリー・ブラウン氏は、前バージョン「iOS8」に続く不具合で、不満を持つ利用者がソーシャルメディアに多く見られると指摘。iOS8の発表後、不具合修正のため何度かアップデートが実施されたが、解決しきれなかったバグもあったという。

ブラウン氏は「アップルにとってのリスクは、顧客層の拡大に伴い不満を持つ層も増えるという点だ」と指摘した。

今回の不具合は、新OSの公開直後にダウンロードしようとするユーザーが殺到したことが原因とみられる。ブラウン氏ら専門家は顧客に対し、アップデートをリリース日から数日間待つように助言しているという。

アップル本社は17日夜時点で、この問題についてコメントしていない。シドニー支社の広報担当者はノーコメントと回答した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up