May 16, 2019 / 10:04 PM / 5 days ago

米アプライド・マテリアルズ、第2四半期は売上高予想超え 株価上昇

[16日 ロイター] - 半導体・ディスプレー製造装置の米アプライド・マテリアルズ(AMAT.O)が16日に発表した第2・四半期(4月28日終了)決算は、売上高が予想を上回った。同時に発表した第3・四半期の業績見通しは、売上高と利益がアナリスト予想を上回った。

 5月16日、半導体・ディスプレー製造装置の米アプライド・マテリアルズが発表した第2・四半期(4月28日終了)決算は、売上高が予想を上回った。同社看板。2016年8月にサンタクララで撮影。提供写真(2019年 ロイター)

引け後の取引で株価は6%近く上昇した。

第2・四半期の純売上高は22.7%減少し、35億4000万ドルだったが、リフィニティブのアナリスト予想(34億8000万ドル)を上回った。

半導体システム部門の売上高は約25%減の21億8000万ドル。ただ、アナリスト予想(21億6000万ドル)は上回った。

調整後純利益は6億6000万ドル(1株当たり0.70ドル)と、前年同期の12億4000万ドル(同1.19ドル)から減少した。アナリストの1株当たり利益予想は0.66ドルだった。

第3・四半期の売上高は約35億2500万ドルと予想。アナリストの予想(35億1000万ドル)を上回っている。

1株当たり利益は0.67─0.75ドルを見込んでいる。アナリスト予想は0.69ドル。

半導体需要は減速しており、米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)(TXN.O)は、業界の低迷があと2年続くと予想している。

アプライド・マテリアルズのダニエル・ダーン最高財務責任者(CFO)は、半導体市場は年内は横ばい状態が続くとの見通しを示した。

一方、米中貿易摩擦に関しては、対策を講じており業績への影響は限定的だとの見方を示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below