for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウジアラムコがマーケティング開始、ドル建て債5トランシェ巡り

[ドバイ 17日 ロイター] - サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは17日、ドル建て債券5トランシェの発行に伴うマーケティングを開始した。原油安により財務が打撃を受けていることから資金を調達する。

アラムコは2020年下期に配当375億ドルを支払うほか、石油化学大手サウジアラビア基礎産業公社(SABIC)の株式70%の取得に伴う691億ドルを手当てするため、資金を必要としている。

資料によると、アラムコが提示した当初プライスガイダンスは3年債が米国債プラス約140ベーシスポイント(bp)、5年債が同約155bp、10年債が同約175bp、30年債が同約205bp、50年債が同約230bp。

起債規模は明らかになっていないものの、大規模になるとみられている。アラムコは昨年、国際債券市場で初の起債を実施し、120億ドルを調達した。

ある銀行筋は「このような発行体が15億ドルあたりを下回るトランシェを発行することは通常ない」と述べた。

銀行側資料によると、シティ、ゴールドマン・サックス、HSBC、JPモルガン、モルガン・スタンレー、NCBキャピタルがアクティブブックランナーとなった。

今回の起債にかかわるその他の銀行には、BNPパリバ、BOCインターナショナル、BofA証券、クレディ・アグリコル、ファースト・アブダビ・バンク、みずほ、MUFG、SMBC日興、ソシエテ・ジェネラルが含まれている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up