for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウジアラムコ、ドル建て債発行で80億ドル調達

[ドバイ 17日 ロイター] - サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ2222.SEは17日、ドル建て債券5トランシェの発行に伴うマーケティングを開始し、80億ドルを調達する見通しとなった。原油安により財務が打撃を受けていることから資金を調達する。

幹事行1行の資料によると、応募額は481億ドルと、2019年に国際債券市場での初の起債で120億ドルを調達した際の半分以下にとどまった。

アラムコは2020年下期に配当375億ドルを支払うほか、石油化学大手サウジアラビア基礎産業公社(SABIC)2010.SEの株式70%の取得に伴う691億ドルを手当てするため、資金を必要としている。[nL4N2I22DN]

資料によると、プライシングと起債額は3年債が米国債プラス110ベーシスポイント(bp)で5億ドル、5年債が同125bpで10億ドル、10年債が同145BPで20億ドル、30年債が3.3%で22億5000万ドル、50年債が3.55%で22億5000万ドル。

アラムコは当初のガイダンスと比べ、3年、5年、10年債のスプレッドを30bp、30年債と50年債については約40bp、それぞれ縮小した。

銀行側資料によると、シティC.N、ゴールドマン・サックスGS.N、HSBCHSBA.L、JPモルガンJPM.N、モルガン・スタンレーMS.N、NCBキャピタル1180.SEがアクティブブックランナーとなった。

今回の起債にかかわるその他の銀行には、BNPパリバBNPP.PA、BOCインターナショナル601696.SS、BofA証券BAC.N、クレディ・アグリコルCAGR.PA、ファースト・アブダビ・バンクFAB.AD、みずほ8411.T、MUFG8306.T、SMBC日興8316.T、ソシエテ・ジェネラルSOGN.PAが含まれている。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up